Skip to content

年々技術革新が進む自動翻訳サービス

経済活動や人的交流のグローバル化が進むにつれ、翻訳サービスを利用する企業が年々増えています。

翻訳サービスは大きく分けて翻訳者が行う人力の翻訳サービスのほか、近年は機械による自動翻訳サービスもレベルが格段に向上し、シェアを伸ばしています。人力の翻訳は専門の翻訳家が行う場合のほか、クラウドソーシングを利用する方法もあり、ニーズに合わせて選べます。専門の翻訳家に頼めばクオリティーの高い仕上がりが期待できますが、その分費用が高く一定の時間もかかります。

クラウドソーシングは仲介業者がサイトを通じて発注し、原稿チェックも行いますが、チェック体制は仲介業者によって体制が異なるため仕上がりのレベルにはバラつきがあることを覚悟しなければなりません。費用は専門業者に依頼するよりも安く上がります。このほか機械による自動翻訳のサービスは、インターネットを通じて発注することも可能です。

ほぼ入力と同時に翻訳してくれる機械翻訳は何と言ってもスピードと安さが売りで、大量の文章をなるべく早く翻訳したい場合にはメリットが大きいでしょう。ただし細かなニュアンスの違いや専門用語が多い場合には対応しきれない面もあり、そのことを十分に理解した上で利用することが大切です。インターネットでは24時間、365日受け付けているところもありますので、土日や祝日も発注できます。自動翻訳の分野は技術革新がますます進んでいくことが予想され、今後の主流になるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *