Skip to content

翻訳サービスを仕事にする

翻訳サービスというのは主にビジネスで用いられる文書をある言語から別の言語に翻訳する仕事です。

語学に明るい人にはまさに天職のように思えるかもしれません。翻訳というと文学作品をまず思い浮かべる人も多いかもしれませんが、仕事の量としては圧倒的にビジネス文書のほうが多いです。ビジネスの世界ですから、人の心をうつような見事な言い回しなどよりは誤解のない、誰が読んでも同じ意味に解釈される文章にすることのほうが重要です。仕事としては出来高制というか、実際に翻訳した文書の量に応じて給料が支払われることが普通です。

翻訳サービス会社の中には常勤で雇用されている人もおり、そのような人には月給制で給料が支払われるかもしれませんが、全体から見ると少数派です。ほとんどの人は出来高制で働くことになります。その代わり、基本的には出社する必要もなく、在宅で仕事を請け負うことができます。翻訳サービスの仕事だけで生活していくに十分な収入を得ることはなかなか困難なのが実情ですが、時間に融通が利くことから副業としては人気のある仕事の一つです。

とくに、あまり馴染みのない言語であれば、そこまでその言語に堪能ではなくても、他にできる人が全くいないためにその人に仕事が回ってくるということも十分にあります。もしそのような言語にある程度覚えがあるという人であれば、とりあえず翻訳サービス会社に登録だけしておくという方法があります。登録には費用はかかりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *