Skip to content

翻訳サービスという仕事

翻訳サービスとはある言語で書かれた文書を別の言語に翻訳する仕事のことです。

日本でこの翻訳サービスの仕事をする限り、翻訳前か翻訳後のどちらかの言語は日本語になることが普通です。外国語のスキルが求められることは間違いありませんが、逆に外国語のスキルのある人にとってはこれ以上ない仕事ということになるでしょう。自分のスキルを十分に活かしつつ仕事をすることができるからです。このような翻訳サービスの仕事はある意味専門職となり、フリーランス的に仕事を受注している人も多いです。

ただし、いわゆる士業のように国家資格の必要な仕事ではありませんから、自分の力だけで仕事を受注してくるのは困難かもしれません。幸い、世の中には会社として翻訳サービスの仕事を受注したうえで、それをフリーランスの翻訳家に再委託するような形態もあります。というか、実際にはそのような形態のほうが多いです。それぞれの翻訳家は、会社に登録だけしておき、仕事が入ったときにはそれを回してもらうという形で働いています。

こうすると、仕事の受注にそれほど血眼になる必要がありません。もちろん会社員として会社に雇用されるわけではありませんから、仕事の自由度も効きますし、組織の複雑さの中で仕事をするようなことにもなりません。ある意味で、本業を別に持っていて、語学のスキルを活かしたい人が副業として行うには非常に適している業務形態だということもできるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *