Skip to content

翻訳会社で働いているスタッフについて

仕事の関係で翻訳会社に依頼をした経験を持つ人は多いかと思われますが、社内で翻訳作業を行う会社もあれば、社外の翻訳者に仕事を発注する会社もあるのをご存知でしょうか。

日本語から英語への訳文は社内で可能になるけれども、日本語からドイツ語やフランス語になると社内では対応が出来ない、しかし外注スタッフを数多く持つなどからも、幅広い言語の訳文を依頼出来るようになっています。

外注スタッフの中には日本ではなく、海外で生活を送っている人もいますし、大きな翻訳会社などの場合、世界中に外注スタッフがいる、得なジャンルと言語の組み合わせで、様々な原稿の翻訳が出来るなどの魅力もあります。

翻訳の仕事は原文を指定言語に訳することですが、原文を理解出来なければ、英語が得意と言っても訳すことは基本的に難しくなります。例えば、法律に関することが書かれている原文、法律の知識がない人には何が書かれているのか分かりません。

これは医療に関することや電気に関することでも同じで、専門的な知識を持ち、さらに言語に対するスキルを持つ人だけに翻訳を任せることが可能になるわけです。

翻訳会社の中にはコーディネーターと呼ぶスタッフが在籍しており、原文に書かれているジャンルを読み取る、翻訳会社が抱えている外注スタッフの内、誰に仕事を流せば翻訳品質が高いものが仕上がるのかを検討します。

また、それぞれのスケジュール管理や納期管理、翻訳者から上がって来た原稿のチェックなどを手掛けています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *