Skip to content

同じ分面でも翻訳サービスで内容は異なる

翻訳サービスを専門の会社に任せるときには、翻訳の質に注意をしなくてはいけません。

基本的に、専門の会社が提供している翻訳サービスは質の良い翻訳が大半なのですが、その文面が全く同じであるということはほとんどの場合でありません。同じ原稿を渡したとしても、文面から受け取るニュアンスはそれを訳すネイティブによって大きく変化しますし、冗長な翻訳が欲しいのに解釈によってかたい文面の方があっていると判断されることもあります。

直欲で表現するよりも冗長に表現したほうが良い場合もあります。これらの判断は、それぞれの翻訳サービスで全く違います。一般的に、翻訳の質というのはそれを約する人がどれだけ著者の考えを理解できるかという一点に尽きます。

日本語には、英語などには存在しない概念も存在します。日本語的な表現を英語で考える場合にはどうしても表現することができないケースもあるので、そのような場合には直訳ではなく少し変わった訳し方をしなくてはいけません。

これは英語だけではなくすべての外国語に共通しています。優秀な会社は、こうした判断を独自に行って依頼人の要望にきちんと応えてくれるだけの実績と経験があります。実際に、同じ言語の中でも方言のような表現は存在します。

日本語でも標準語と関西弁、東北弁といった様々な言語があるように、外国語にもそれらは存在するわけです。こうした深い知識を前提とした翻訳サービスを利用することで、満足のいく結果を残すことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *