Skip to content

翻訳サービスを利用するときに覚えておくべきポイント

翻訳サービスを利用するときに覚えておくべきポイントは、自分が何を重視しているのかを絞るという点にあります。

考慮されることとはコストパフォーマンス・納品スピード・クオリティの3つです。コストパフォーマンスでは、英訳1文字あたりの料金・日本語から英語やほかの外国語へと翻訳するのにかかる1文字あたりの料金のほか最低注文料金というのもあります。

最低注文料金は最低でも企業に支払う金額のことであり、個人やビジネスで気軽に利用することができる金額かが重要なポイントといえるでしょう。納品スピードで翻訳サービスを行う業者を選ぶ場合のチェックポイントは、おもに納品時間の目安が充分に満足できるものであるかどうかが重要です。

通常、この納品時間の目安は原稿用紙1.5枚分にあたる600字程度の翻訳を依頼した場合の納品時間を目安に判定していきます。もちろん、企業のスタッフ数やサービスの質なども重要です。もう一つの品質のクオリティを重視する場合においては、取引実績がなによりも重視されます。

こちらは、まだできてから新しい企業はやや不利といえるでしょう。それから、チェック体制も重視されます。成果物の検品方法が、専門チェックツールまたは第三者によって行われたかどうかも確認するべき項目であるといえます。

英語の翻訳サービスを依頼する場合には、英語の方言も考慮しておかなければなりません。英語は地域によって用法が違うこともあるため、翻訳サービスをするときに不適当になるケースもありますので注意します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *