Skip to content

翻訳サービスの利用について

企業活動において文章を英文や中国語文に変換する必要が生じることはよくあることです。

特にグローバル展開をする企業においては翻訳をしなければならない事態は多々あることと思います。英文程度であれば、英語が堪能な自社社員に翻訳をさせることも不可能ではありませんが、間違いがあったり、失礼な表現があったりしては問題になりますので、そういった事態を避けるためにも翻訳サービスを行うプロの企業に依頼するケースが多いようです。翻訳というと英語への翻訳が中心でしたが、近年は中国語や韓国語、その他珍しい言語への翻訳も翻訳サービス企業が請け負ってくれます。

信頼できるサービスで有名企業も翻訳を外注していたりしますので、安心して任せることができるでしょう。翻訳については、学術分野においても必要となります。英文で論文を投稿する際には翻訳サービス企業に依頼するケースが多いようです。学者であれば、英語くらいは堪能なものですが、いくら英語が堪能でも翻訳をするのには時間がかかりますので、業務効率化の観点から外部の業者に翻訳を依頼する研究者も少なくはありません。

翻訳の代金については科研費や大学から配分される研究費を用いて至弁することが可能ですので、経費面で余裕のある一流の研究者ほど翻訳は外注しているという実態があるようです。AIの技術進展でより簡単に翻訳ができる時代がくるかもしれませんが、当面はこういった状態が続くようです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *