Skip to content

翻訳サービスを積極的に利用しよう

中小企業であっても取引先の取引先がグローバルに展開しているようなケースでは、自社に勤務する社員にもグローバルな感覚を身に着けた従業員が必要になってきますがグローバル人材をなかなか採用できないような状況下においては、海外から入手したビジネス文章の読解の業務等については翻訳サービスを展開している専門業者に翻訳業務を委託する必要が出てくるといえます。

翻訳サービスを提供している企業に於いては事業規模の大小はありますが、英語、独語、仏語等の言語に加え、中国語、韓国語やスペイン語、タイ語等にも長けた人材を多数抱え、企業がかかえる翻訳上の問題を低コストで対応できるようサービスを展開しているといえます。翻訳サービスが謳っている業務上の特性は高品質であることが要求され、例えば翻訳のミスは絶対にあってはならないとされます。

高品質であることは当然として低価格、短納期という部分で差別化を図っているといえるでしょう。翻訳サービスを提供している会社に於いては、翻訳工程において自社で開発したシステムを運用することで短納期を実現し、かつ専門スタッフの目でもって厳重なチェックを行い、翻訳上のミスを発生させない工程を作り上げている会社が一般的です。自社で翻訳スタッフを調達できれば問題ないわけですが、昨今の有効求人倍率の改善度合いから、また人材の特殊性からも翻訳サービス事業への依存度は今後も高まっていくことが予想されるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *