Skip to content

WEBサイト運営で翻訳会社が必要になる理由とは?

来日する外国人は年々増えています。

日本で勉強したり、仕事をしたりと、日本で生活をする人も増加傾向にあります。駅や街の案内板も英語だけではなく、中国語や韓国語などの表示が増えてきました。さまざまな国の言語を同時に記載することは、日本語が読めない外国人にとっては親切です。これはWEBサイトでも同様のことが言えるでしょう。翻訳会社はWEBサイトの翻訳に対応しており、ネイティブが読んでも不自然ではない文章に仕上げます。

翻訳サイトを使う手段もありますが、精度があまり高くないため通じないこともしばしばです。翻訳サイトは短い文章であれば、ほぼ的確に翻訳ができますが、長い文章になるとチグハグな文章になってしまいます。そのため伝えたいことが上手く伝わらないケースもあります。翻訳会社はネイティブにしか分からない言い回し、微妙なニュアンスも完全に再現ができます。自社サービスや商品のも力を外国人に伝えたいのであれば、プロの翻訳者に依頼するのがもっとも確実と言えるでしょう。

英語に対応するのはもちろんですが、簡体中国語・繁体中国語・韓国語といった言語にも対応しておくとサービスの幅がさらに広がります。いいサービスや情報を日本語で提供していても、日本語を読めない外国人から見ればただの記号の羅列です。外国人に理解してもらうためには自然な文章であることが鉄則と言えます。WEBサイトを多言語対応にしたいと希望している場合は、まず翻訳会社に相談してみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *