Skip to content

翻訳会社について知ろう

翻訳とは、起点言語と呼ばれる元の言語から目標言語と呼ばれる直したい言語に翻案することを指しており、翻訳の仕事を引き受けるのが翻訳会社です。

翻訳には文芸作品などを翻訳する文芸翻訳、企業などの資料や論文を翻訳する実務翻訳、映画などを翻訳する映像翻訳などさまざまな種類があります。翻訳会社では、こうした幅広いジャンルの文字を翻訳するため、起点言語と目標言語のどちらの能力も高くなければなりません。また、国ごとの言葉が持つ微妙なニュアンスを掴み取り、しっかり翻訳できる豊富な知識が必要です。

翻訳家になるには翻訳会社が行っている試験に合格し、会社に所属する必要があります。試験に合格し、翻訳会社へ登録されると翻訳家として働けるというわけです。翻訳家の給料は翻訳文字数×単価が一般的で、経験を積むことで単価を上げることができます。また研究論文などの翻訳のように、専門的な知識を有する仕事は単価が高い傾向にあります。

翻訳会社に就職して仕事をするには、語彙力の高さはもちろん、集中力や向上心があること大切です。翻訳の仕事では、長時間机に向かっていることが多く、細かい作業を行うため何時間も集中し続ける必要があります。また、言葉は常に進化しており、新しい技術や文化が生まれるたびに新しい言葉が出てくるため、常に情報を収集しようという気持ちが無ければなりません。翻訳家には、既に持っている知識だけではなく、常に情報収集する向上心が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *