Skip to content

選び方は翻訳会社の得意領域に関与する

日本語の原稿を英文にしなければならない時、会社の中に英語が得意な従業員がいればそこで翻訳の手配は可能です。

但し、その従業員は本来自分の仕事を持つため、時間を多く必要とする翻訳の仕事を依頼すれば自分の仕事ができなくなる、仕事量のアンバランスが生じる可能性も高くなってしまいます。数ページ程度の原稿であれば、多少の時間を使って翻訳をお願いすることができたとしても、100ページなどのように量が多いものは翻訳会社に発注した方が仕事量の平均化やコスト削減効果を期待することに繋がります。

翻訳会社にはそれぞれ得意領域と言うものがあるので原稿に書いてある内容を把握できるか否かをしっかりと確認しておかなければなりません。技術に関することが記載してあるものなどの場合、略語が多用されている、専門用語が記載してあるなどで、それらの意味を知らなければ適切な訳文を作ることは難しいと言います。

専門用語の中には注釈などで説明文を記載するケースもあり、こうした作業も原文の理解力が翻訳の品質に関与することになるわけです。翻訳会社を選ぶ時のポイントは、原文に書いてあることを理解できる翻訳者がいるのか否かになりますが、過去の実績をチェックすることで可否が分かります。また、ネイティブスピーカーによるチェック機能を使いたい時など、専門スタッフがいるのか否かで希望する仕事を任せることができるかが変わるため、数社を比較しておくと良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *