Skip to content

翻訳会社に依頼する際に気をつけたいこと

翻訳会社に依頼をする際に一番気をつけたいのは、翻訳料金についてです。

翻訳する文字数で金額が決まるのか、それとも翻訳にかかった時間で金額が決まるのかは翻訳会社毎に異なるため、事前に見積もりを要求したり念密な確認が必要になります。また、見積もり価格が低くても、追加料金が発生することもあります。想定されるものとしては、文体についての構成ややり直し等を依頼する場合です。事前に細かな見積もりを出してもらい、相見積もりを比較検討するとよいでしょう。

その際、納期についても合わせて確認することが大切です。あまりに短期間で翻訳できるとしている場合は経験の少ない翻訳者に下請けに出していたり、やはり翻訳が間に合わなかったといって遅延することもありえます。いくつかの翻訳会社に見積もりを出してもらうことは、金銭面だけでなく適正な納期を知るためにも重要といえます。納品後のフォロー体制についても予め確認しておくことを推奨します。

著者の意図と異なる翻訳があったり誤字がある等、やり直しを求めたい場合に受け付けない会社もあります。無償で対応する会社もあれば、有償での対応になる会社もあります。これらは依頼する前の見積もりの段階で確認し、見積書や契約書等に詳細な内容を明記しておかなければなりません。翻訳会社を選定する際には、時間がなかったとしても、相見積もりをとって比較することと金額以外にもアフターフォローについてもはっきりさせておくことが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *