Skip to content

翻訳会社で働いている人

グローバル化が進み、企業や学校、研究所などで使用する書類にも外国語が多用されるようになりました。

それに伴い、翻訳会社にもいろいろな言語の翻訳が依頼されるようになりました。特に多い言語は英語で次に中国語などが続きます。翻訳会社には、昔はたくさんの翻訳者が在籍していましたが、最近は常駐の翻訳者はそれほど多くはありません。

働いている多くの翻訳者が業務委託という形をとっています。そのため、現在翻訳会社で働いている人は、翻訳者よりも営業職や依頼主と翻訳者をつなぐコーディネーターが多くなっています。翻訳の業務委託を受けるためには、一定の語学力が必要です。在宅でできる仕事の為、人気の職業ですが翻訳の業務委託をうけることは簡単ではありません。

トライアルと言われるテストを受けて合格をすることで初めて登録することができ、翻訳の仕事をすることができます。トライアルは決して簡単なテストではありません。非常に厳しいテストになります。外国語の能力はもちろんですが、日本語の能力も試されます。

正しい翻訳のためには日本語ができていないと正しく訳すことができないからです。また、翻訳をする分野に精通していることも大切です。例えば、医療や法律分野の翻訳を依頼された場合、その分野の専門用語や専門知識を持っていないと正しい訳ができません。このような厳しいテストを実施することで、翻訳会社では高い制度の翻訳をお客さんに提供することができています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *