Skip to content

翻訳会社を選ぶ際に気をつけたいこと

翻訳会社は、書籍や映像に使われているある言語を他の言語に翻訳することを事業としています。

日本においては、従来は英語からの翻訳が中心でしたが、現在では欧米諸国をはじめさまざまな国の言語が翻訳会社によって翻訳されています。翻訳会社の組織構成はさまざまで、常時、決まった翻訳家が勤務しているところもあれば受注内容に応じてアウトソーシングして担当の翻訳家に業務を行わせているところもあります。従って、会社概要として「何名が翻訳を担当」と書かれていてその人数が多い場合でも、そこに書かれている人数の翻訳家が常駐していないこともあります。

人数が多くて大きな組織だから仕事も早いだろうと思って依頼しても、予想より長い期間かかることもあるので注意が必要です。業務などで翻訳会社を選ぶ際に気をつけたいポイントとして、自分たちが翻訳してもらいたい対象を得意としている会社かどうかを見極めるということも大事です。たとえば、書籍の翻訳を依頼する場合、旅行ガイドのような比較的くだけた内容の文章を訳してもらいたいのに、学術書や古典文学を主に翻訳している会社に頼んでも思ったような仕上がりにはならないでしょう。

また、字幕をつけるために動画のナレーションを訳してもらいたい場合も、話し言葉と書き言葉では出来上がってくる文章も違ってきます。話し言葉を得意としている会社を選ぶようにするべきです。期待した仕上がりを望むのであれば、その翻訳会社が過去にどのような仕事をしたか、その実績を調査すると間違いがありません。依頼しようと思っている対象と同種のものを扱っている会社を探すのが得策です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *