Skip to content

オフィスの中でのビジネス翻訳と翻訳会社について

翻訳会社へのビジネス翻訳の依頼をしなければならないケースにはどのようなシーンになるのでしょうか。

オフィスの中では日々メールでのやり取りを行う、海外にもオフィスがある場合には海外からの電話などで英語力が求められることは少なくありません。海外拠点を持つ企業などでは翻訳会社にビジネス翻訳を委ねる必要もないなどと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、ビジネス翻訳は業務の中で日常的に行われているメールでのやり取りだけではありません。

例えば、会社案内や商品・サービスのカタログやパンフレット、海外支店から送付されて来た文書の和訳など多岐にわたります。最近の企業は海外への進出が増えている関係からもオフィス内だけではビジネス文書の作成に時間を要してしまう、本来の業務が遅れてしまうなどのケースも少なくありません。企業の中には英語圏だけでなく、他の言語での翻訳が必要になるケースもあり、翻訳会社の力が必要になって来るわけです。

尚、翻訳会社を選ぶ時には料金や納期などを中心に比較をされるかと思われますが、品質はそれぞれの会社により異なりますし、単にビジネス文書と言っても専門的な知識を必要とするようなものは、特定の翻訳会社でなければ依頼ができないケースもあるため注意が必要です。費用や納期だけでなく、何を得意としている会社なのか、得意分野がどのようなことであるのかも注目しておくことが品質の良い文書つくりに繋がって来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *