Skip to content

翻訳会社を選ぶ時の注意点

翻訳が必要になった場合、翻訳会社を利用するかフリーランスの翻訳者に依頼するかの2択になります。

比較的安い料金で利用できるのはフリーランスかもしれませんが、経歴や経験によってはむしろ高くなることもあります。フリーランスは一人で翻訳はもちろんのことチェックや校正などを行うため、時間がかかる可能性があることを承知しなければなりません。翻訳会社の利用料は非常に幅がありますが、あまりに安価な会社は会社の実態をしっかり把握してから利用する必要があるでしょう。

全ての安い翻訳会社に当てはまることではありませんが、中には一冊の本を分担して別の翻訳者が訳したり、下請けの翻訳者に仕事を回すこともあります。別の翻訳者が分けて訳した一冊の本の訳文は統一性がない場合があります。翻訳者それぞれに訳し方のクセがあったり、文章に隠れた本当の意味を読み解く力に差があるためです。また、下請けに出して請け負った翻訳者の技量は定かではありませんので、仕上がった翻訳の質に疑問を持たざるを得ないこともありますし、信頼問題に関係します。

特にビジネス取引においては小さなミスも許されませんので、選ぶ時は時間をかけて選ぶ必要があります。翻訳会社を選ぶ時は実績や利用者数など数字で示されている情報を参考にし、口コミや比較サイトを利用するのも良いでしょう。ほとんどの翻訳会社は、厳しいトライアルに合格した優秀な翻訳者を在籍させていますので、安すぎず平均的な料金のところであればまず間違いはないでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *