Skip to content

翻訳会社はオフィスのニーズに合う訳文ビジネス

ビジネス翻訳はオフィスの中ではたびたび登場する業務、その都度自動翻訳機を使ってオフィス内の業務を遂行されている人も多いのではないでしょうか。

最近は海外からのメールが入るので、ビジネス英会話を習って自学習されている人も多いかと思われますが、メールの文章程度であればビジネス翻訳機を使って対応ができても、重要な書類や製品の説明書などはオフィス内では完結が難しくなるため、翻訳会社に依頼をすることを検討するケースも多いのです。翻訳会社は、コーディネーターと呼ぶ仕事の振り分けや品質を維持するための原稿チェック、仕上がった翻訳原稿の内容確認などを主な業務にしているスタッフがいます。

コーディネーターは受けた仕事を、どのような翻訳者に依頼するのかを決める立場でもあり、翻訳会社の中でも重要な位置づけになります。会社の中には数名の翻訳者がいるだけで、他の人材はすべてが外注スタッフなどのケースも少なくありません。外注スタッフを多く抱えることはニーズに合ったビジネスができるメリットにも繋がります。

仮に、目の前に日本語原稿があり、その内容を読んだ所、法律に関することが記載してある時には法律に詳しい人であれば内容の理解力はあります。しかし、法律に詳しくない人が読んでも、何を意味しているのか分からないケースは多いわけです。翻訳の仕事は原文に書いてある内容を理解することが基本であり、これができない場合にはニーズに合った訳文を作ることはできません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *