Skip to content

海外の専門書や論文の日本語訳は翻訳会社へ

日本の科学技術や医療技術は日本に誇れる水準です。

元々資源が少ない地域だったため、そういった理科系の分野に力を入れて国際的な競争力を確保してきました。ただ近年では、米国や中国の追随が急速に進んでいます。特定分野に限っては完全に、米国や中国の方が優れた医療技術と科学技術を誇っており、日本人の若手研究者や大学院生は挙って海外で公開された書籍や論文、そしてネットのコミュニティサイトを利用し始めているのです。

特に最先端技術については、豊富な資金力を持つ欧米の企業の方がリードする立場になっており、自分の知らないスキルやノウハウを勉強したい技術者や研究者、医療関係者の方々は、海外から専門書を取り寄せています。独学で英語の専門書や論文を和訳して勉強すれば、より短期間で効率的に最先端の知識と技術が学習可能です。ただ本業のかたわら、英文翻訳をしつつ独学を進めるのは想像以上に大変です。そんな時は翻訳会社の支援を得るのがベストです。

翻訳会社に論文や専門書を送付し、丸ごと和訳作業をしてもらえば、後はその内容を理解するだけです。面倒な和訳を低価格で翻訳会社は請け負ってくれますし、見積もりや相談はネットで簡単に行えます。翻訳会社の中には、無料で書籍や論文の一部をお試し翻訳してくれるプランがあります。とりあえず無料のお試しプランを利用して、その仕上がりを確認してから、翻訳依頼の有無を最終確認してみるのも良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *