Skip to content

翻訳会社に依頼する時の留意点

最近は海外へのビジネス展開により翻訳の需要も高くなっているのではないでしょうか。

会社案内や製品カタログ、サービス案内のパンフレット、さらにサービスマニュアルや取り扱い説明書や設置マニュアルなど翻訳会社の力が必要になることも少なくありません。翻訳会社に依頼するとなると悩むのが費用面や翻訳の質、納期や対応ジャンルなど多方面でのポイントが活かせるか否かです。費用が安くても今までにマニュアルの仕事をしたことがなかったり、設置マニュアルのことを知らないなどスキルが付いて来ないケースもあります。

費用に含まれているものがどのような工程であるのかも予め調べておきたい部分です。翻訳会社は翻訳者から受け取った原稿は内容を確認して不備がないようにし、必要に応じて修正を加えます。第三者のチェックが入ると品質的にも向上しますが、第三者のチェックの中でもネイティブスピーカーによる校正は別料金になっているのが大半を占めます。但し、翻訳会社であればどこでもネイティブチェッカーがいるわけではないのです。

英訳を初め、多言語訳を依頼する時のポイントの1つとしてネイティブチェックの可否を聞いておくようにしましょう。印刷物には納期があるため、希望の納期通りに納品して貰う必要があるわけですが、数回の校正を考えた場合、製作期間がタイトスケジュールになることも珍しくありません。通常どのくらいの日数で翻訳ができるのかを把握しておく、分からない場合は製作日数を確認しておくと安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *