Skip to content

翻訳会社のコーディネーターは企画力が必要です

翻訳会社と言えば、学術用の論文であったり企業のマニュアルなどお堅いイメージがあります。

しかしながら、最近はインターネットや視覚に訴えるテレビなどの広告など用途が広くなってきているのが特徴です。多言語の語学に対応していることや専門分野の翻訳に強いスタッフをいかに抱えているかが、翻訳会社の評価になるようになってきています。翻訳は、ネイティブなわかりやすいものであることは当然ですが、ネットの普及によってホームページをいかに理解してもらえるように翻訳ができるかは翻訳会社を選択する大きなポイントになっています。

言語によってニュアンスが違う表現をどのようにわかりやすくするかは、提携している翻訳者によっても違ってくるのです。翻訳会社には、依頼された仕事を取り仕切るコーディネーターがいるのが原則になります。優秀なコーディネーターは、依頼された仕事を適切なスタッフに割り振る能力に優れているのです。また、翻訳内容を再度検証して依頼している会社との橋渡しをする役割をしています。

優秀なコーディネーターのいる翻訳会社ほど単発の依頼は少なく、この案件なら任せて大丈夫だという信頼関係が出来上がっているのです。多機能な翻訳が要求される業界の環境を先取りしていく会社には必ず優秀なコーディネーターがいます。分業化が進む仕事内容にあって、専門性とユニークな発想ができることを要求されるようになっているのです。翻訳を依頼するうえで大切な事項をわかってくれるのが優秀なコーディネーターになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *