Skip to content

納品物の品質を高めることができる翻訳会社選び

翻訳発注を行う時に品質が気になる人は多いと言えましょう。

納品されたものを組版して印刷、発行した後に海外から内容に不備があるなどのクレームが入る、これでは信頼性にも大きな影響を与えてしまいます。こうしたケースはゼロとは言い切れませんので翻訳会社を選ぶ時に品質を重視される人が多いわけです。一般的な翻訳会社は翻訳会社から上がって来た納品物をそのまま顧客に納品するわけではなく、社内にいる校正者により内容の確認が行われます。

また、依頼することでネイティブスピーカーによるトリプルチェックが可能な場合もあり、こうしたチェッカーにより品質が守られています。翻訳者と校正者のクロスチェック、ネイティブスピーカーによるネイティブチェックは翻訳会社の翻訳品質を左右する部分ですから、こうした仕組みがあることを把握しておくことは大切な部分ではないでしょうか。しかし、品質が良いと思われている翻訳会社にはそれぞれ得意領域があり、その領域を超えての依頼は難しいものとなります。

翻訳業界は産業・出版・映像3つの分野に分かれており、この中でも映像や出版は特殊な業界です。特殊業界などからも対応可能な会社の数も産業分野と比べると少なくなりがちです。産業分野の中にもいろいろなカテゴリーの翻訳者がいますが、会社を選ぶ時には原稿の内容を理解できる翻訳者がいるのか否かを確認しておくことです。得意領域が依頼原稿と一致していることが納品物の品質を高めてくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *